予約不可登録 - 施設予約タイプ

予約不可登録をすることで、一時的に対応できない時間帯・期間の予約受付を停止できます。急なお休みや不定休などの登録も可能です。

 

新規の予約不可登録をする
1.管理画面の予約管理>予約・利用不可タブをクリックし、予約・利用不可一覧画面に遷移します。

2.画面右上にある「新規予約・利用不可登録」ボタンをクリックして、予約不可登録画面に遷移します。

3.予約不可登録をする対象を選択します。

①予約サイト全体(全メニュー)[ゴールドプラン以上]
予約サイトの全メニューに対して予約不可登録を行います。
②メニュー単位
メニュー単位で予約不可登録を行います。対象メニューにチェックを入れて指定してください。
③部屋単位[ゴールドプラン以上]
選択すると、「部屋を選択する」ボタン、「全解除」ボタンが表示されます。「部屋を選択する」ボタンをクリックすると、ポップアップ画面が表示されますので、対象の部屋名にチェックを入れて「登録する」ボタンをクリックします(複数選択可)。全ての選択を解除する場合、「全解除」ボタンをクリックします。*エンタープライズプラン以上では、区画単位で予約不可登録することも可能です。

④備品・設備単位[スイートプラン以上]
選択すると、「備品を選択する」ボタン、「全解除」ボタンが表示されます。「備品を選択する」ボタンをクリックすると、ポップアップ画面が表示されますので、対象の備品にチェックを入れて「登録する」ボタンをクリックします(複数選択可)。全ての選択を解除する場合、「全解除」ボタンをクリックします。

4.「対象期間」に、予約不可登録をする日時を入力します。
※同一の予約不可対象について、重複した日程の予約不可登録はできません。10:00~11:00、10:30~11:30など、日程の一部が重複している場合も制限対象となります。

〈入力例〉
・特定の時間帯を指定する場合
8月6日~8月6日 10:00~13:00
・終日を指定する場合
8月6日~8月6日 0:00~24:00
・特定の時間帯を期間で指定する場合
8月6日~8月8日 10:00~13:00
(8月6日、7日、8日の10:00~13:00の時間帯が予約不可となります)
・終日を期間で指定する場合
8月6日~8月8日 0:00~24:00
(8月6日、7日、8日の終日が予約不可となります)

5.「不可理由」や「連絡事項」がある場合には、こちらも入力します(任意入力)。
※こちらの入力内容は予約者からは見えません。

6.画面下にある「登録する」ボタンをクリックして、登録を完了します。

予約不可.gif

 

予約・利用不可一覧から確認、編集、削除をする
1.管理画面の予約管理>予約・利用不可をクリックし、予約・利用不可一覧画面に遷移します

2.対象期間を指定します(最大30日)。

3.プルダウンで、表示する予約不可単位を選択します。

4.「表示する」ボタンをクリックすると、該当の予約不可登録の一覧が表示されます。一覧の中からクリックすると、詳細内容が確認できます。

5.登録内容を編集をする場合、「編集する」ボタンをクリックして編集画面に遷移します。編集後、画面下の「登録する」ボタンをクリックして設定を完了します。

6.登録内容を削除する場合、「削除する」ボタンをクリックします。メッセージが表示されますので、確認後「OK」ボタンをクリックして完了します。

 

予約カレンダーから確認、編集、削除をする
1.管理画面の予約管理>予約確認タブを選択し、予約カレンダー画面に遷移します。

2.予約カレンダー内、任意の予約不可の帯をクリックして、予約・利用不可詳細画面に遷移します。

3.登録内容を編集をする場合は、「編集する」ボタンをクリックして編集画面に遷移します。編集後、画面下の「登録する」ボタンをクリックして設定を完了します。

4.登録内容を削除する場合、「削除する」ボタンをクリックします。メッセージが表示されますので、確認後「OK」ボタンをクリックして完了します。
Googleカレンダーと双方向連携をしている際、Googleカレンダーで作成した予定は、RESERVAの予約カレンダー上で「予約不可」として登録されます。こちらの予約不可をクリックすると、ポップアップが表示されます。編集・削除する場合は、ポップアップ内「Googleカレンダーで編集・削除」ボタンを押し、Googleカレンダー側から編集・削除を行ってください。

 

稼働状況画面から予約・利用不可の確認、編集、削除をする
備品・設備単位の予約・利用不可情報は、稼働状況画面からも確認、編集、削除ができます。[スイートプラン以上]

1.管理画面の予約管理>部屋・備品の稼働状況をクリックし、備品・設備タブを選択します。

2.「備品・設備」プルダウンで対象の備品・設備を選択し、「対象期間」で利用不可状況を確認したい期間を設定します(期間は最大30日で入力してください)。
※備品・設備は最大3つまで複数選択可能です。

3.「表示する」ボタンをクリックすると、指定した条件で絞り込まれた備品・設備の利用不可情報が表示されます。対象の帯をクリックすると、詳細情報が確認できます。

4.「不可登録を変更」をクリックすると、予約・利用不可登録の詳細情報の確認ができます。

5.編集する場合は「編集する」ボタン、削除する場合は「削除する」ボタンをクリックして操作を行います。