[2016.06.01]【RESERVA】新機能についてのお知らせ

 

前回に引続き当社が提供している予約システムRESERVAの
新機能をご紹介していきたいと思います。

 

①予約メニューの所要時間が休憩時間と重なっても予約を受けられるようになりました。

【シルバープラン以上にて搭載】


今までは、前の予約枠からの所要時間が休憩時間に掛かってしまう場合、予約を受付けることができず
予約不可としてグレーアウト表記となっていました。

 

今回リリースした新機能を使うことによって、休憩時間と前の予約枠からの所要時間を

重複させることができるようになり、予約枠を活かすことができるようになりました。

 

例:

設定条件

営業時間:10:00~19:00
休憩時間:12:30~13:30

予約時間間隔:60分
メニュー所要時間:60分

休憩超過時間:30分

Before

 


After

従来であれば12時から1時間のメニューを受けてしまうと、休憩時間が12:30からなので、30分休憩時間に食い込んで

しまいます。当然ながら、12時からの予約枠は取ることができませんでした。

新機能を使えば、ここで「○○分だけ」休憩時間に食いこんで良いと許可することができます。

上記のケースであれば、30分許可すると設定していますので、12:30から30分後、つまり13:00まで時間を要する

予約が受けられるようになります。結果下の表の、12:00からの枠をあけることができました。

ただし、予約メニューの開始時間が休憩時間の開始時間と同時刻(12:30からの予約)の場合の予約に

関しては受けられません。

多少、休憩時間に割り込んでも良いので、予約枠を増やしたいという方にはお勧めです。

★設定方法
①「基本設定 > ビジネス情報登録」をクリックする。
②「休憩超過時間」に超過可能な時間(分)を設定する。
③画面下段にある「確定する」ボタンをクリックする。

 

②メニューごとの最終予約受付時間設定

【シルバープラン以上にて搭載「サービス提供タイプ(スタッフ指名なし)」及び
「サービス提供タイプ(スタッフ指名あり)】


今までは、すべてのメニューが営業時間内のみで予約を受けるという形となっておりましたが
「メニュー毎に」最終予約受付時間を設定できるようになりました。
結果、所要時間が営業終了時間を超える予約を受けられたり、場合によっては、予約の開始時間
すら営業終了時間後に設定することもできます。

 

例:

設定条件

営業時間:10:00~19:00
休憩時間:12:30~13:30

予約時間間隔:60分
メニュー所要時間:60分

最終受付時間:19:00

Before

従来までは、営業時間を19:00までと設定していますので、60分のメニューの最終受付時間は、その60分前の

18:00となり、18:00からの予約枠が最後となります。

 

 


 

After

今回の機能のリリースによって、最終受付時間を自由に設定ができます。

下記の例ですと、最終受付時間を19:00に設定したことによって、19:00の予約受付も可能になりました。

設定しようと思えば、最終受付時間を22:00などと設定した場合でも、22:00まで予約枠を受付けることができるようになります。

こちらも同じように、営業時間は多少過ぎても良いのでメニューによっては予約を受けたいというニーズをお持ちの方に

お勧めなメニューです。

 

★最終予約受付時間の設定方法
①「基本設定 > サービスメニュー登録」をクリックして、営業時間とは
別途最終予約受付時間を設定したいメニューの「編集する」ボタンをクリックする。
② メニュー登録画面の下端にある「最終受付時刻を設定する」にチェックを入れてから、
曜日ごとに最終予約の受付時間を設定できる。
③ メニュー登録画面の下端にある「確定する」ボタンをクリックする。

 

いかがでしたでしょうか。

今後もみなさまのご意見を頂戴しながらより良い予約システムをご提供できるように尽力して参ります。

どうぞよろしくお願い致します。



他にご質問がございましたら、こちらからお問い合わせください。

0 コメント

記事コメントは受け付けていません。