多言語設定-多言語原稿入稿(宿泊施設タイプ)

多言語設定の基本設定で利用言語を追加すると、固定文言(予約サイトに表示されるボタンなど)は自動で翻訳されますが、店舗名、メニュー、予約時アンケートなどに関してはご自身で翻訳内容を設定する必要があります。[ゴールドプラン以上]

※自動で翻訳された固定文言の内容を編集することも可能です。詳細は別途マニュアル「外国語の固定文言変更」をご参照ください。

 

多言語原稿入稿をする
1.管理画面右上の歯車マークにカーソルを合わせ、高度な設定>多言語設定・固定文言変更をクリックすると、多言語基本設定画面に遷移します。

2.「多言語原稿入稿」ボタンをクリックします。

3.多言語原稿の入稿をする項目をクリックします。
※予約方法で「客室タイプのみ選択」を選択している場合、「宿泊プラン」の項目は表示されません。
※レゼペイを利用していない場合、「特定商取引法に基づく表示」の項目は表示されません。

・宿泊施設情報
予約サイト名や商号、宿泊施設名等の翻訳を入力できます。

・客室タイプ
設定した客室タイプ名や客室タイプ説明の翻訳を入力できます。客室タイプ説明はタグ込みで16000字まで入力できます。客室タイプの切り替えは、画面左上の客室タイプ選択プルダウンで変更してください。

・客室
設定した客室名の翻訳を入力できます。

・カテゴリー
設定したカテゴリ名やカテゴリ概要の翻訳を入力できます。

・オプションメニュー
設定したオプションメニュー名やオプションメニュー概要の翻訳を入力できます。

・メールテンプレート
初期設定として、デフォルトメールの英文が設定されています。ご自身で行った日本語カスタマイズは反映されていませんので、メールをカスタマイズされる場合は、各言語ごとに変更する必要があります。
LINEテンプレートを編集する場合は、画面上部の「LINE」タブをクリックします。テンプレートの切り替えは、画面左上のプルダウンで変更してください。

・顧客項目・予約時アンケート
顧客項目設定や予約時アンケートで設定した、タイトルや質問文などの翻訳を入力できます。

・ブラックリスト設定
ブロック済みの顧客が予約や月額プラン購入、独自会員登録をした際に表示されるエラーメッセージの翻訳を入力できます。

・特定商取引法に基づく表示
「特定商取引法に基づく表示」の翻訳を入力できます。

・月額プラン
設定した月額プラン名や月額プラン概要の翻訳を入力できます。月額プランの切り替えは、画面左上の回数券選択プルダウンで変更してください。

・宿泊プラン
設定した宿泊プラン名や宿泊プラン説明の翻訳を入力できます。宿泊プラン説明はタグ込みで16000字まで入力できます。宿泊プランの切り替えは、画面左上の宿泊プラン選択プルダウンで変更してください。

4.左上のプルダウンから対象言語を選択して、翻訳内容を入力後、画面下の「確定する」ボタンをクリックして設定を完了します。

※以下の翻訳を入力する場合は、各言語ブロックの右上、「編集」ボタンをクリックして編集を行い、「確定」ボタンを押して設定を完了します。

・宿泊施設情報
・客室タイプ
・メールテンプレート>LINEテンプレート
・ブラックリスト設定
・特定商取引法に基づく表示
・月額プラン
・宿泊プラン

多言語入稿_宿泊.gif