セルフチェックインを有効にする - スクール・アクティビティタイプ/イベント・セミナータイプ

セルフチェックインとは、予約日当日に管理画面で行う来店・来場処理を、予約者自身でもできるようにする機能です。[エンタープライズプラン以上]

本マニュアルは、スクール・アクティビティタイプ/イベント・セミナータイプ向けです。その他のタイプの場合は以下マニュアルをご参照ください。

サービス提供タイプ(スタッフ指名あり)/サービス提供タイプ(スタッフ指名なし)

施設予約タイプ

※宿泊施設タイプではご利用いただけません。

 

確認事項
来店・来場機能を有効にしてください。

会員機能(RESERVA会員もしくは独自会員)を有効にしてください。
※会員機能が有効でも、予約者がログインをせずに予約をした場合、セルフチェックインはできません。

・スマートロック連携の自動来店機能を有効にしている場合、全メニューでセルフチェックイン機能は利用できません。

・Zoom連携の自動来店機能を有効にしているメニューの場合、セルフチェックイン機能は利用できません。


設定方法
1.管理画面右上の歯車マークにカーソルを合わせ、基本設定>メニュー登録>対象メニューの「基本情報設定」ボタンをクリックすると、編集画面に遷移します。

2.画面下の「セルフチェックイン機能」で、「セルフチェックイン機能を有効にする」にチェックをします。

3.セルフチェックインの有効期間を半角数字で入力します。
※「時間」では、24時間以内を設定してください。
※「分」では、0~59の数字を入力してください。

4.画面下の「確定する」ボタンをクリックして、設定を完了します。

5.セルフチェックインの有効期間を設定後、セルフチェックイン用のQRコードを取得します。
当該メニューの「基本情報設定」ボタンをクリックし、編集画面下の「セルフチェックイン用QRはこちらから取得してください。」の「こちら」をクリックします。

6.セルフチェックイン用のQRコードが表示されます。QRコードを印刷する場合は、ポップアップ画面右上の「印刷する」ボタンをクリックします。_______________20220728.gif