決済方法登録(施設予約タイプ)

基本設定>決済方法登録では、以下の設定が可能です。

・決済方法

・キャンセルポリシー[事前カード決済利用時のみ]

・定期課金の決済エラー時のリトライ回数[事前カード決済利用時のみ]

・銀行振込時の入金口座[エンタープライズプラン以上]

※事前カード決済機能を利用する場合、あらかじめレゼルバペイメントの申請およびカード会社での審査が必要です。詳細は別途マニュアル「レゼルバペイメントの概要」をご参照ください。

 

設定方法
1.管理画面右上の歯車マークより、「基本設定」>「決済方法登録」をクリックします。

2.各項目の設定をします。

3.画面下の「確定する」ボタンをクリックして設定を完了します。
_____20221021.gif

〈決済方法設定項目〉
決済方法

「カード決済」、「現地決済」、「銀行振込」から選択します。

※「銀行振込」はエンタープライズプラン以上で設定可能です。
※レゼルバペイメントを利用中の場合、カード決済の選択を外すことはできません。ただし、独自会員の月額会費や入会金の支払方法を設定する画面では、カード決済の選択を外すことが可能です。
※エンタープライズプラン以上の場合には、各メニューの料金設定画面でも個別に料金設定が可能です。


キャンセルポリシー[事前カード決済利用時のみ]
メニューを「カード決済」で予約した際のキャンセル料を設定できます。キャンセルした場合、設定したキャンセルポリシーの内容で、システムが自動徴収します。

【注意事項】
・キャンセル料ありの場合、キャンセル料として決済した金額に対して、決済手数料4.9%がかかります。
・キャンセルポリシーは全メニュー共通です。メニュー毎の設定はできません。
・日単位のキャンセルポリシーとなります。時間単位では設定できません。
・一日当たり複数パターンのキャンセル料は設定できません。
・キャンセル料率は、予約登録時の内容が適用されます。予約登録後にキャンセル料率を変更した場合、過去の予約には新キャンセル料率が適用されません。
・キャンセルポリシーの補足情報入力欄の内容は、あくまで補足情報として予約サイトや予約履歴(予約者向け)に表示されます。こちらにキャンセル料を入力しても、その内容通りにシステムが自動徴収することはございません。キャンセル料は「□日前まで:代金の□%」の項目にて設定してください。


定期課金の決済エラー時のリトライ回数[事前カード決済利用時のみ]
月額プランや独自会員の月額会費の自動決済に失敗(有効期限切れや限度額オーバーなど)した場合、当月分の決済が成功するまで、リトライが毎日自動で行われます。設定したリトライ回数に達しても決済が成功しない場合、以下制御となります。

月額プランの該当契約:自動的に失効されます。

独自会員:「停止」状態となり、会員マイページへのログインはできますが、会員専用のメニュー閲覧および予約は出来なくなります。停止状態になった月の翌月以降も決済は行われます。決済が完了した場合は「有効」状態になります。


銀行振込時の入金口座
[エンタープライズプラン以上]
支払い方法として「銀行振込」を選んだ予約者に、入金口座情報が記載された自動通知メールが配信されます。