RemoteLOCK連携設定の流れ

スマートロックサービスのRemoteLOCKと連携することで、予約サイトからの予約時に自動的に入出用暗証番号を発行し、ご利用時にシームレスに入室することができます。
RemoteLOCK連携は、下記条件を満たす予約サイトで可能です。
・施設予約タイプ
・エンタープライズプラン以上
・RESERVA会員または独自会員の利用

※1デバイスあたり月額1,100円(税込)の追加費用が発生します。

※現状といたしましては、既存の管理者様のみにRemoteLOCK連携機能をご提供しております。
新規の管理者様についてはAkerun連携機能のみご利用いただけます。

【事前準備】RemoteLOCKを契約する

事前にRemoteLOCKを契約する必要があります。
詳細はこちらからご確認ください。

【STEP1】RemoteLOCK連携を契約する
管理画面の高度な設定で、RemoteLOCK連携契約を行います。

【STEP2】RemoteLOCKの認証を行う
RemoteLOCKへログインし、RemoteLOCKアカウントとRESERVAアカウントの認証を行います。

【STEP3】施設・部屋とRemoteLOCKデバイスを紐づける
RESERVAの施設・部屋とRemoteLOCKのデバイスの紐付けを行います。

【任意設定】RemoteLOCKの自動来店機能を設定する
RemoteLOCKデバイスに紐づいた予約について、予約者がデバイスの解錠を行ったタイミングでシステムが自動的に来店処理を行うように自動来店機能の設定を行います。

【任意設定】入室開始時間を設定する
RemoteLOCKデバイスに紐づいた施設・部屋は、予約した時間の開始時間から解錠が可能ですが、「入室開始時間」を設定することで、予約者は入室開始時間(予約時間の〇分前)から解錠ができるようになります。