月額プランが決済エラーになった場合の対応方法

予約タイプによって異なりますので、以下をご参照ください。

①サービス提供タイプ(スタッフ指名なし)、サービス提供タイプ(スタッフ指名あり)、スクール・アクティビティタイプ、イベント・セミナータイプ、宿泊施設タイプ

②施設予約タイプ

 

①サービス提供タイプ(スタッフ指名なし)、サービス提供タイプ(スタッフ指名あり)、スクール・アクティビティタイプ、イベント・セミナータイプ、宿泊施設タイプ

・ 決済エラーとなった場合、契約者(お客様)のステータスは契約停止状態になり、契約者本人に決済エラーの通知メールが送られます。

・決済エラーの通知メールに、月額プラン詳細ページのURLが記載されています。
月額プラン詳細ページ内の「決済する」ボタンをクリックすると、カード情報入力画面が表示されますので、契約者本人で即時決済を行うことが可能です。決済が成功すると、その契約者のステータスは、契約停止状態から契約中に変更されます。

・エラーになった決済に対しては、毎日システムが自動でリトライを行います。管理者が設定したリトライ回数まで決済が出来なかった場合、自動で解約となります。各契約者の支払状況などは、管理画面より確認できます。

・月額プランにメニューを紐づけしている場合、以下のような制御となります。[エンタープライズプラン以上]

決済エラー等で契約が解約(失効)した時、その対象契約期間以降が利用不可となります。過去の決済が成功している場合、その対象契約期間分は有効となります。

例)
9月分の利用料は既に支払済みで、10月分利用料の決済時にエラーとなり解約された場合、9月の日程の予約をすることは可能です。

 

②施設予約タイプ
・ 決済エラーとなった場合、契約者(お客様)のステータスは契約停止状態になり、契約者本人に決済エラーの通知メールが送られます。

・エラーになった決済に対しては、毎日システムが自動でリトライを行います。管理者が設定したリトライ回数まで決済が出来なかった場合、自動で解約となります。各契約者の支払状況などは、管理画面より確認できます。